読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごみ箱ブログ

バイクに乗ってあっちこっちふらふらしてる人の整備記録

二条城に名車を見に行ってきた 後編 バイクのみ

京都 雑記

 

me323.hatenablog.com

 前編↑

 

展示会の出口付近、二条城の台所?らしいんですがそこにはバイクが展示してありました。4台あってすべてビモータだったので順番に載せていきます。

 

1台目

f:id:Me323:20161119180546j:plain

Bimota Tesi 1D

 

世界で初めてハブセンターステアリングを市販車に搭載した車種ですね。サスペンションをステアリングから切り離すことでブレーキング時のダイブを防げるみたいです。しかしリンクロッドを介してステアリング操作することになるのでフロントの接地感が掴みにくいという欠点もあったようです。

f:id:Me323:20161119181449j:plain

フロントのアクスル付近は見れば見るほどよくわからない構造してました。フロントが沈み込まないとバンクさせるきっかけが掴めなくてすごく怖そうな気がするんですが、インプレなんかを探してもガッツリ所有して乗ってる方がいないのでその辺はよくわかりませんでした。4年しか製造されておらず台数も非常に少ないので仕方ないですね。1991年式なんですがふんだんにアルミの削り出し材を使用していて見るからにお金のかかったバイクでした。

 

2台目

f:id:Me323:20161119182746j:plainBimota Tesi 1D Folgore Bianca

こちらもテージ1Dでしたがハブセンターステアリング機構をよりしっかりと見せるために作られた限定モデルのようです。生産台数なんと5台でその中でも唯一のフルカーボン仕様だそうです。なんで日本にあるんだよ・・・。じろじろ舐めるように見ていたらチェーンにルブが付いていてスプロケットもかなり摩耗していました。もしかして誰かが現在も乗ってるのか・・・?

 

3台目

f:id:Me323:20161119183314j:plain

Bimota Tesi 2D

1Dの後継2Dです。生産台数10台で日本には1台しか無いそうです。つまりこれがその1台。フルカウルではなくなってよりしっかりフレームワークが見えるようになっていますね。ビモータはフレームビルダーなのでこだわりがあるのでしょう。もうこの辺からとにかく高そう以外の感想を持つことが出来なくなってました。

 

4台目

f:id:Me323:20161119183817j:plain

Bimota Tesi 3D(ビモータ40周年記念モデル)

40周年を記念して作られた40台の中の最後の一台で、ボディにイタリアンカラーであるトリコロールを入れた世界で一台のみのバイクだそうです。限定モデルと言う割に前後ののスイングアームは鋼管トラスフレームになっていましたが。もうなんか希少価値がインフレ起こしててただただ見とれるばかりでした。

f:id:Me323:20161119185802j:plain

Ducati

f:id:Me323:20161119185838j:plain

Vツインエンジンなのでめちゃくちゃ細かったです。

 

二輪はこんな感じでした。平日に行ったので展示会には人も少なくゆっくりじっくり見ることが出来ました。この展示会を見るために二条城の入城券も買っているのですがお城は正直あまり興味がない、と言うか城を楽しめるだけの教養がないのでほとんど見ずに帰りました。二条城は年寄りと外国人観光客が沢山いたのでそもそも行く気にならなかったというのもありますが。

 

普段じっくり見ることのできないものをたくさん見ることが出来たので非常に楽しかったです。

 

おわり